2009年11月03日

ブランド

近年では、七五三の衣装にも数多くのブランドが進出し人気を集めています。
毎年のように新作を発表し、七五三のレンタル衣装として写真屋などにも並べられています。
もちろん呉服屋などで購入することもできます。
人気のブランドとしては歌手の松田聖子がプロデュースしている「Seiko Matsuda」。
着物だけではなく、帯も手がけています。
袖口にレースをあしらうなど斬新でかわいらしいデザインが人気です。
着るだけでぱっと華やかになる着物で、色使いも女の子らしいものが多いです。
松田聖子特有のかわいい女の子らしさが詰まった着物が揃っています。

洋服のブランドとしても人気の高い「Mezzo Piano」。
メゾピアノのかわいらしくてセレブらしいブランドテーストを着物の世界にアレンジさせています。
リボンやジュエリーをつけて華やかに仕上げられているデザインが人気です。

レトロの中にモダンな雰囲気を漂わせたモダンなデザイン「Japan Style」。
生地の柄や色が今までの着物とは違います。
大正時代から昭和初期の時代の雰囲気のレトロ感と現代の雰囲気をミックスさせているのが特徴です。
今風であり、しかしながらどこか懐かしさを感じるデザインです。
さらに洋装と和装のミックスも特徴で、大人っぽいのなかにかわいさもあるデザインです。

七五三で身にまとえば、周囲に注目されること間違いなしのブランドたちです。
せっかくの晴れ舞台、目立つくらいがちょうどいいです。
posted by 七五三 at 20:39 | TrackBack(0) | 七五三 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

千歳飴

そもそもどうして七五三に「千歳飴」なのか不思議に思われる人もいるのではないでしょうか。
七五三で神社などに詣でると決まって神社の近くに千歳飴が売っています。
写真を撮るときも着物を着て千歳飴を持つ姿が定番になっています。
さらに七五三で内祝いを贈るときやご挨拶周りをするときは千歳飴を持って行くことがあります。
どうして千歳飴なのでしょうか。

七五三で千歳飴を食べてお祝いするという風習は、江戸時代から始まったとされています。
千歳飴は長く伸びるということにあやかって、親が細く長い様子に子供の長寿の願いをかけるという意味があるそうです。
その直径は15mm以内とされていて、長さは1m以内となっているそうです。
千歳飴は縁起物なので、紅白の赤と白で着色されています。
昔ながらの伝統のさらし飴で作られたものやミルキータイプの千歳飴などがあります。
さらに千歳飴が入っている化粧袋は縁起物として、寿、鶴や亀、松竹梅などのめでたい絵が描かれています。
千歳飴も節分の豆と同じように、年の数だけ袋に詰めるといいとされています。

千歳飴は様々な菓子屋で作られています。
伝統や格式などを重んじるところでは、店頭に並べる前に神社できちんとお祓いをしています。
今では千歳飴は七五三のお祝いには欠かせない縁起物となりました。
七五三の衣装を身にまとった子供たちが千歳飴の袋を持っている光景は、11月の風物詩であり日本の伝統を感じさせる光景で微笑ましいものです。
posted by 七五三 at 20:39 | TrackBack(0) | 七五三 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お祝い

七五三では神様に子供のここまでの成長を感謝して報告します。
そのために神社を参拝して、お祓いをしてもらい祝詞をあげてもらいます。
祝詞をあげてもらったらお礼を包まなければなりません。
祝儀袋に表書きを「初穂料」として、下に子供の名前を記入します。
金額の目安は3千円〜5千円くらいです。
神社などで事前に初穂料の金額が設定されている場合はそれに則って支払いましょう。

また祖父母、親戚、家族などからお祝いをもらった場合は、お返しとして赤飯や千歳飴、紅白の干菓子などを持参して訪問します。
その際、のしには表書きに「内祝い」として下に子供の名前を記入します。
これ以外の物品によるお返しは基本的には不要です。
ただしお祝いが高額だったときや、どうしてもお返ししたいときはいただいた金額の半額程度の品物をお返しします。
祖父母などの場合は、七五三のお祝いの食事会の場に招待するといいです。

逆にお祝いを渡す場合は、どれくらい渡せばいいのでしょうか。
基本的に七五三のお祝いは内輪だけの小さいものなので、祖父母や親しい身内だけが行えばいいものです。
贈り物は事前に希望を聞くか、写真撮影や食事会などで出費がかさんでいるので図書券や商品券なども喜ばれると思います。
金額の目安としては、親しい身内で5,000円〜20,000円程度、友人や知人ならば3,000円〜5,000円程度です。
贈り物にはのしをつけて、表書きは「お祝い」とします。
posted by 七五三 at 20:39 | TrackBack(0) | 七五三 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。