2009年11月03日

七五三

子供が七五三をお祝いする年齢に近づくと多くのお母さんは、具体的に何歳で行うのか。
いつやるのか、どのようなことを行えばいいのか。
様々な疑問を抱きます。
しかしそれらは難しいことではありません。
あまりに形式ばかりを気にしすぎることはなく、最低限のルールを知っていればいいと思います。
何よりも子供の成長を家族で祝うことが一番なのですから。

具体的な年齢について、昔は三歳、五歳、七歳の数え年で行っていましたしこちらが正式です。
しかし最近では子供が三歳、五歳、七歳になってからつまり満年齢で行う人も増えています。
ですからどちらでも大丈夫です。
時期についても、正式には11月15日ですが、幼稚園や仕事が休めなかったり体調が悪かったりといろいろ都合があると思います。
ですから大抵の人は11月の土日祝日を利用して行っています。
子供の体調がいいとき、家族が揃える日、外出日和の天気のいい日などを選択していけばいいと思います。
絶対この日でなければならないということはないのですから。

七五三と言われて何をすればいいのか。
一般的には、神社などに参拝して七五三の祈祷を受けます。
そして家族や祖父母を交えて七五三お祝いの食事会をセッティングします。
写真は当日撮影すれば十分だと思います。
ただかわいい衣装を着てプロにとってほしいと思えば、最近流行の前撮りを利用して事前に写真館などで撮影することをおすすめします。

以上が、「七五三」って何をすればいいのかわからないという人への簡単な説明です。
具体的にいつどこへ参拝してどのような形でお祝いするかは、両親で話し合って決めてください。
決めたらレストランや写真館など予約が必要な場所は早めに予約することをおすすめします。
家族みんなで楽しい七五三を過ごしてください。
posted by 七五三 at 20:40 | TrackBack(0) | 七五三 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/131952352

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。