2009年11月03日

熱田神宮

七五三の参拝先として人気の神社として名古屋の「熱田神宮」があります。
こちらは初詣の参拝客が多いことでも全国的に知られる有名な場所です。
地元だけではなく県外からも毎年多くの参拝客が訪れて年間1千万人もの人が訪れる地です。
名古屋市熱田区、熱田の森に鎮座しています。
江戸時代には東海道を伊勢に向かう際の交通の要所として栄えていた場所です。
熱田神宮の配置としては、南の正門を入って参道を北へ歩いて行くと500mほど先に拝殿があります。
拝殿の奥に社殿があります。
三種の神器として知られる「草薙剣」を祀る由緒正しき神社でもあります。
境内には43社の本宮や別宮外が祀られています。
祭典や神事を年間70余度も行っています。

七五三の参拝は11月15日を中心に行います。
子供たちの無事な成長を祝いさらに将来の幸せを祈願します。
初穂料は6,000円と8,000円と10,000円以上となっています。
祈祷の申込受付時間は8:30〜16:00までです。
授与所にて受付を行っています。
祈祷は神楽殿にて行います。

熱田神宮には約400台分の駐車場があります。
駐車場は基本夕方の5時に閉門します。
駐車場は東門、西門、南門にそれぞれ位置しており、一番大きい駐車場が東門の300台です。
西門は40台、南門は60台分です。
大型バスの場合は西門駐車場にバス用の駐車スペースがあります。
夜間まで利用したい場合は西門に専用のスペースがあります。
祈祷に関してのお問い合わせがあれば熱田神宮祭務部052-671-4152へ電話してください。
posted by 七五三 at 20:39 | TrackBack(0) | 七五三 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/131952345

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。