2009年11月03日

正式なお参り

七五三では子供の成長を感謝して神様へお礼をしに参拝を行います。
その際の正式なお参りの方法、以外に知らない人も多いはずです。
神社での正式なお参り方法をご紹介します。

神社に行くと最初に目に入るのが鳥居です。
鳥居とは何のためにあるのかご存知でしょうか。
鳥居はこの先に神様がいらっしゃることを現しているのです。
まずは鳥居の下で軽く会釈をしてから通り抜けます。
道中が混雑していても必ず鳥居の下をくぐるようにしましょう。
次にしばらくいくと手水舎があります。
ここでは手を洗い口をすすいで身を清らかにします。
このとき心も清らかにします。
まず柄杓を右手に持って左手に水をかけて清めます。
次は柄杓を左手に持ち替えて右手に水をかけて清めます。
さらにもう一度右手に柄杓を持ち替えて、左手の手のひらに水を受けてその水を口に含んですすぎます。
左手に水をかけて清めてから、最後は柄杓を垂直にして持っていた柄杓の柄の部分を清めます。

いよいよ本殿に到着です。
鈴があれば鈴を鳴らします。
賽銭箱の前でお賽銭を入れます。
そして二礼二拍手一礼が基本の形です。
二回お辞儀をして、それから二回手を叩きます。
手を合わせて願い事や感謝の気持ちを述べた後、最後に一礼して終了です。
二回手を合わせるときはきちんとパンパンと音を出して叩くようにしましょう。
一部、女性は音を立ててはいけないという話を耳にしますがこれは違います。
きちんとしたマナーで、七五三の参拝を行いましょう。
posted by 七五三 at 20:39 | TrackBack(0) | 七五三 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/131952339

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。