2009年11月03日

写真撮影

せっかくの七五三、写真屋の写真だけではなく、かわいらしく七五三の衣装を身につけたわが子を自分のカメラでも収めておきたいものです。
しかし、なかなかうまくとれなくて写真撮影に自身がないというお母さんも多いと思います。
プロが教える写真撮影のコツを知っていれば、簡単にプロに近い仕上がりの写真を撮ることができます。
七五三でお出かけ前に要チェックです。

まずデジカメで簡単にきれいに撮影できるポイントとして。
第一にフラッシュを使わないことです。
自然光をうまく利用して撮影するようにします。
室内より屋外での撮影の方がうまくとれやすいので、天気のいい日に屋外で撮影するのがベストです。
あとは背景に少しこだわって、子供の七五三の衣装姿が映える場所を選んで撮影するようにします。
特別な背景を用意しなくても不要だと思うものを背景から除去するだけでもかなり印象が違うそうです。
素人の場合シャッターチャンスを逃しがちなので、連写やスポーツ設定にしておくといいです。

さらに小道具を用意しておくと、もっときれいな写真に仕上がります。
家庭で簡単に用意できる小道具として、いくつかあげてみましょう。
まずは銀色のアルミ製のレジャーシートです。
これはプロが光の反射に使うレフ版の代わりになります。
光を反射させると、子供の目が輝いて顔も明るく撮ることができます。

あとは子供が飽きてしまったときに笑わせる人を専任で1人カメラマンの後ろに配置しましょう。
父親が撮影するなら母親、母親が撮影するなら父親で十分です。
普段の子供の表情を引き出せる人なら誰でもOKです。
子供が疲れたり飽きてしまったとき用に、子供の好きなお菓子などを準備しておくことも重要です。

写真屋でプロが撮影した写真も素敵ですが、子供たちの本当の笑顔はこんな程度じゃないと思った親も多いと思います。
子供たちが普段みせるありったけのいい表情を引き出せるのはやはり親です。
撮影スタジオでは見せることができない表情をぜひカメラに収めて、七五三の記念として一生の宝物にしてください。
posted by 七五三 at 20:39 | TrackBack(0) | 七五三 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/131952336

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。